日本の投資家カテゴリの記事一覧

日本の投資家

江戸時代〜高度成長期までの、トレーダーが「相場師」と呼ばれていた時代の日本の投資家については、相場師を参照のこと。

竹田和平
日本の多数の上場企で上位株主となっている投資家。
糸山英太郎
日本航空の個人筆頭株主としても知られる大富豪。各セクタの代表的銘柄を保有している。元衆議院議員。
酒匂隆雄
酒匂・エフエックス・アドバイザリー有限会社代表。北海道大学卒業後、横浜銀行、外資系金融機関などで外国為替業務に従事。東京外為市場を牛耳っていた頃、業界の貴公子と称されていた。
中山茂
通称「チャーリー中山」、または「8割の男」。小説「東京外為市場25時」のモデルとなった為替ディーラー。現在シンガポール在住。
藤巻健史
フジマキ・ジャパン代表取締役。一橋大学商学部卒業後、三井信託銀行入社。1980年ノースウエスタン大学でMBA取得。1985年JPモルガンモルガン銀行に転職。 同行資金為替部長、東京支店長、ジョージ・ソロスの投資アドバイザーなどを歴任。早稲田大学大学院公共経営研究科でも教鞭をとっている。イトーヨーカ堂取締役の藤巻幸夫は弟。
隅田浩
極東証券のトレーダーとして常勝伝説を作った後、自身のファンドを立ち上げた。日経平均先物の売買高のシェアが大きく、カリヨン証券(インドスエズ証券)を通して売買することから、「インド」或いは「ヨン様」と呼ばれている。2005年8月からの上昇相場で敗北を喫した。
村上世彰
アクティビスト・ファンド、並びにM&Aコンサルティングの元代表。2006年6月5日に証券取引法違反で東京地検に逮捕された。
今井雅人
マット・キャピタル・マネジメントCEO。上智大学卒業後、1985年に三和銀行入行。1987年より為替ディーリングの世界に入る。心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ちつづけた常勝トレーダーで、内外の投資家にも太いパイプを持つ。通称マット今井。
B・N・F
みずほ証券によるジェイコム株大量誤発注事件で一躍有名になった個人投資家。スイングトレード、デイトレードなどの取引手法を得意としている。提出が義務付けられている書類以外においては本名を一般に公開しておらず、テレビなどに出演する際はインターネット上で用いているハンドルネームの「B・N・F」を名乗っている。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。